未分類

「梅雨」だから?なの?

こんにちは。

今日の東京はスッキリしない曇り。

昨日来院した、片麻痺患者さんが言っていたこと。

「去年もそうだけど、梅雨入りすると、もう体が重くて痛くて・・・」

今日みたいな日は、さぞかし体調が優れないのかな・・・

と思いながら、珈琲をすする私。

片麻痺に限らず、整形外科疾患の方でも

天気が悪いと古傷が痛むとか、まあよくある話。

でも、とても謎。

確かな証拠も無いのに、よくある話=あるある=常識

みたいになっている、世の不思議。

知っている人も多いかもしれないけど

例えば、

「肩こり」ってものは、そもそも外国に無いと言われています。

えっ、外国人は肩が凝らないの!?

いや、体の構造は人間であれば同じなはず。

凝らないわけではないけど、ちょっと違う。

じゃあ、何が違うか?

それは、「肩こり」という言葉。

「肩こり」という概念が、そもそもないのです。

私たちが言う、「肩こり」の概念ってとても広いですよね。

どこをさして肩が凝ったって、言ってますか?

なんか、それって首じゃない?

って思うところまで概念化されてませんか?

英語では肩こりに近い言葉は

「Stiff Neck」または「Stiff Back」となります。

直訳だと、硬い首、硬い背中みたいになるでしょうか。

肩甲骨あたりが凝った表現するなら、Back

首のあたりが凝った表現をするなら、Neck

(この辺り、興味がある方はネットとかで調べてみてくださいね♪)

つまり。

私が思うに、「梅雨だから・・・」

って、概念構造がなければ

この時期に体が重いとか痛いとか言う人って

居なかったのではないか?と思うわけです。

もちろん東洋医学の考えでいけば、五行の影響もあるとは思うんですが

それでも、言葉の強さって、

その国の文化を、しつこく象っている気がしてならない。

人間のカラダひとつみるにしても、

その人が使う言葉を、絶対に蔑ろにしてはいけないと思う。

それでは本日はこの辺で!(^O^)/

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中