未分類

世にも奇妙な物語

突然ですが、皆さんは

「パラレルワールド」って信じますか?

信じる信じないの前に、

パラレルワールドって知ってますか?笑

科学的に証明できないので、

なんとなく定義がよく分かりませんが、

現世でもなく来世でもなく、

天国でも地獄でもなく、

今生きている世界と、並行している世界

・・・らしいです。

「原本」が今生きている世界だとしたら

「コピー」が並行した世界って感じで

同じなんだけど、明らかに違うもの。

みたいなニュアンスと、私は捉えています。

 

私、大体のオカルトな話は信じるタイプです

だって実際オカルトな現実ばかりでw

昔の神話とか、ことわざとか

哲学とか、今のマンガとかでも

そこに何かの比喩が隠されていたり

おもむろに露出されていたり

「そんなバカな!」ってことが

実際に起こっているんですよね

なので、大体のオカルトは

実現可能な物語として信じています。

 

で、先月の事なんですけども。

昔一緒に働いていた看護師さんに、

霊感が強すぎる人がいて、

(大体ナースって霊感強い人

多いですよねぇ。。)

その人の話では、

自転車での飲み会の帰り道、

ちょっと方向が分からなくなり、

近くの交番に道を尋ねました。

自宅までは40分くらいの距離です。

途中に、西新井大師という

有名なお寺があるんですが、

お寺かぁー。。と気にしつつも、

そのままスルーして

言われた道を進んでました。

しかし、どんだけ進んでも

なかなかたどり着かず、

辺りは真っ暗で、街灯も人も居ない。

おかしいなぁ、、、

ここは一体何処なんだろう、、、

 

暫く真っ暗闇を漕いでいると、

空の先がパーッと光り、

それが徐々に明るく金色になって

目の前に、東京タワーくらいの、

風神様と雷神様が表れたそうです。

その看護師さんは、ハッ!として

さっきのお寺で弘法大師様に

手を合わせなかったことを深く後悔し、

申し訳ありませんでしたと

思いながら自転車を漕いでいたら

気がつくと、

自宅近所の見慣れた風景となり

その後5分くらいで家に着いたそうです。

 

結局トータルで計算すると

2時間以上も帰宅するのに

時間がかかったわけですが、

あまりに辺りが暗すぎて

目印になるものがなく、

どこでどう迷子になってしまったのか

事の顛末を家族に話しても

酔っぱらってたんじゃないの~?

と、笑われてしまったとのことでした。

 

はっきり言って西新井という場所は

真っ暗な田舎道を行くような、

街灯も人もいない場所などありません

川を渡るので、河川敷はあるにせよ

どこにいるのか分からなくなる暗さなど

考えられないのです。

 

私はその看護師さんに、

自分が辿った道をなるべく鮮明に思い出し

Googleアースで調べてみてと頼んだら、

後日、自分がその時漕いでいた道は

なかったと、連絡がありました。

 

この話、ほんとリアルな出来事で、

私が察するに、

何かのきっかけでパラレルワールドに

入り込んでしまったんだなと思うのですが

 

、、、皆さんはどう思いますか?

 

 

それでは今日はこの辺で!

いつもお読み頂き、

有り難うございます。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中