未分類

映画から学ぶ

4か月くらい前に、
一度ブログで紹介した
映画の続編を昨日見てみました。

今回の撮影手法も、
主人公二人の会話シーンだけにフォーカスし、
音楽が流れるわけでもなく、
大きく場面が変わることも無く、
ただ二人の会話で
周りの時間が流れていくという、
そして前回にも増して、
「えっ!!ここで終わり!?」
というエンディング

 

しかし、冒頭の主人公の台詞と
最後のシーンはよく考えるとマッチしていて
ああ、なんて素晴らしい。。。
最初から最後の伏線が
とても綺麗に収まっているではないか。

 

こんな作品を作るには、
最初と最後のストーリーのイメージを、
始めから具体化していないと
できないんだろうなと思いました。

 

やはり斬新な作品です。

 

叙情的な台詞、比喩表現、
歴史的人物を引用するところとか、
なんともフランス哲学?
っぽい感じがして。

舞台も丁度フランスですし、
監督もフランス人かと思ったら、
なんとアメリカ人で、
ウィキペディアとかで調べたら
ちゃんとアメリカ映画として
紹介されていました。笑

 

それでは今回も
映画の台詞のワンシーンを抜粋します

無題

大切なものだと気が付くのに
結構遠回りをしてしまうことがある。
遅かれ早かれ気づけたことは
ありがたいのだけど。

 

若気の至りならば
まだ取り戻せる時間はあるね。
大人になるとさ、
残っている時間も減ってしまうから。
いつもでもあると信じていたら
実は、消えていたり

 

だからなるべく大切に素直に
今を、生きていきたいよね

 

良い思い出も
悪い思い出も
あの日あの時あの場所で、
君(恋人・友人・仕事)
に会えなかったら、
今の自分は、
「ここ」に居ないのだろうから。。。

 

皆さんはどうですか?

今を大切に生きれていますか?

 

それでは今日はこの辺で。
いつもお読みいただきありがとうございます

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中