身体面のこと

変形性膝関節症と肥満

少し前に知り合いのTwitterで、

変形性膝関節症と肥満について

興味深い内容を載せていたので、

自分も忘れないうちに(いや、忘れてたw)

シェアしたいと思います。

 

その論文は、

術後の入院リハビリテーションに、

肥満の影響はあるのか?

を、調べたものです。

 

手術後(膝関節全置換術)299人を対象に、

術前のBMIで、肥満群と非肥満群に分け、

理学療法士による一般的なリハビリ後、

各検査、数値がどうなったのか?

 

結果は、

歩行スピードと、膝の屈曲角度を除いて、

両群ともすべてのパラメーターが改善し、

肥満群と、非肥満群の両群間に、

退院時の統計学的、臨床学的優位差はなかった、

と、いうことでした。

 

つまり、膝手術後のリハビリには

太ってる、太ってないは

あまり、関係ないってことですね。

 

原文はコチラ↓

http://www.physiotherapyjournal.com/article/S0031-9406(08)00002-3/abstract

 

ただしこれは、全置換という

術後の事を言っているのであって、

「太ってても、大丈夫や~っ\(^o^)/」

ってことではありませんw

 

肥満傾向の人は、変形性膝関節症になりやすい

というデータがありますから、

将来、変形性膝関節症になりたくないっ!

って方は、ダイエットをおすすめしますw

 

ではでは今日はこの辺で。

いつも読んでくださる皆様に感謝です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中