身体面のこと

大腿五頭筋

先日、とある人の文章に目が留まった。

その人は、ハワイ大学医学部の

人体解剖学を学んでいる人だった。

 

その人が言うには、

数年前にテキサス州にある大学で

実は大腿四頭筋ではなく五頭筋で、

実に85%の人に、5つ目のアタマが生えている。

と、発表されたんだとか。

 

今回それを実証すべく解剖を試みたところ、

大腿直筋と中間広筋の間に、

確かに「それ」は存在していた!!

とのこと。

私もビックリの衝撃的事実!!

大腿五頭筋

 

となると、

「それ」は一体どのような機能があるのか・・・?

想像を膨らませながら、

雪の降る東京を見つめる私・・・

 

皆さんはどのような想像をしますか?

すごい閃きがあったら是非教えてください!

ワタシ、恥ずかしながら、

知らないことが多すぎて困りますw

 

参考文献はここをクリック

 

まとめると、

著者らは下肢計26本の献体を解剖し、

その全てに見つかったと報告していて、

他の大腿四頭筋とは区別される

独立した神経支配(femoral nerve)

が確認されたとのこと。

 

26本の下肢のうち22本(約85%)で

Tensor VIの近位筋繊維部分が

他の筋肉とハッキリ区別できる状態で、

残り4本では完全には

引き剥がせない状態で発見されたと。

 

遠位も、Tensor VIとVIの腱膜(aponeurosis)が

混ざって走っている場合と(VI-type 23%)、

VLと混ざる場合と(VL-type 19%)、

完全に独立している場合(Independent type 42%)

があるらしい。

 

それでは本日はこの辺でm(__)m

いつもありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中