未分類

マトリックス様にラーメンを食べる

量子力学を学んで以来、

私は目に見える世界を

ちょっと素粒子化して見るようにしている。

 

すでに、この冒頭から、

「はっっ!?!?!?」

という声が聞こえそうだが、

・・・まあ、仕方ない(笑)

 

最近のノーベル賞で

名前を聞くようになった「素粒子」というもの。

 

簡単に言えば、

人の目に見えないくらいの超ミクロな存在で、

万物のすべてを構成しているものなのだが、

 

その素粒子でさえも、

一本の「紐」のようなものでできており、

それが振動したり回転したりすることで、

粒子そのものになるという説。

 

この「紐」理論は

全くもって想像の範囲を超えており、

私には、さっぱりわからない。

 

しかし、もしこの世の万物が

すべて元をただせば同じものだとするのならば、

 

ラーメン屋のこのテーブルや椅子、

私の隣に座る知らないおぢさん、

ラーメンを食べようとしている私、

そして目の前にあるラーメンですら

言葉の意味は違えど、「一心同体」なわけだ。

 

「紐」とやらのイメージは分からないけど、

「素粒子」のイメージはなんとなく

ネットの画像にもあるような感じで想像できる。

 

その中でも私が世界を素粒子化するのに、

一番しっくりときたイメージは、

映画マトリックスにあるような、

緑色の数字やアルファベットのシャワーみたいなやつ。matrix

こんな感じで、

目に映る景色を変えてみてる。

 

そしてラーメンをこのような景色で食べた時

ふと、疑問に思った。

 

なぜ私は「私」という形になり、

なぜラーメンは「ラーメン」という形に

なった(選んだ?)のか?

 

また、口の中に広がるこの、味。

味とは一体なんだ。

後天的に脳が記憶しただけなのか?

それとも素粒子の合成?

で、できる反応なのか?

 

量子力を学ぶことで、

昔からの疑問が腑に落ちたこともあれば、

このラーメンのように、

たくさんの疑問も増えてしまった(笑)

 

今年はこの量子力学を学ぶことを、

自分の中のテーマにしていて、

脳出血、脳梗塞、癌など、

様々な病気における、

リハビリテーションの可能性が

あるのではないかと私は考えてる。

 

ま、、、ラーメンに手こずるようでは

まだまだかな(;´Д⊂)w

 

それでは今日はこの辺で!

いつも読んで下さる貴方に感謝です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中