未分類

なんちゃら控除とか、なんちゃら保険とか

人生初の確定申告で、この一週間、

日々パソコンと領収書関係と数字のにらめっこが続き、

睡眠不足と終わった達成感で、かなり疲れた😰

 

今回の経験で、私なりに思ったことがあるので、

自分でもこの気持ちが消えないように

ここへ、残しておこうと思う。

 

まずは自分で申告書を作ることによって、

数字で1年の収支が分かるのはともかく、

また今後の一年を

どのような数字に変化させるべきなのか、

 

そして、

領収書の保管の仕方、帳簿の付け方などを

改めて考え直そうと思えたのは収穫だった

これは、とても勉強になった。

 

病院サラリーマンの頃は、

源泉徴収表を、しっかり理解しようとなんて

思わなかったものね。

年末調整?印鑑押して、

保険のやつを事務の人に渡したけど?

くらいの認識だよね。

 

さてさて。

 

どうやら日本には

沢山のなんちゃら控除や

なんちゃら保険とかがあって、

これ全部覚えるの無理じゃね?

って思うくらいの数がある。

 

普通は知らないでしょ、こんな制度!

って、いくつもの青色申告のマニュアルや

計算方法の載った冊子を見て思った。

 

知っている人だけが得をするような中身だし、

しかも、よく読んだところで、

無知な私には意味さえ分からない事もある。

幸い、聞けば教えてくれる友人がいたので

それは、本当に感謝している。

 

でもさ、やっぱりなんかおかしい。

これなら、小学生、中学生、高校生のうちから、

社会保障、保険、税金の勉強を

カリキュラムに入れるべきだと思う。

 

そうすれば大人になっても、

ある程度は自分でお金の管理が出来るはずだ。

また、自分が何かしらの病気で障害を負ったとしても、

どこに相談すべきかわかるはずだ。

わざわざ相談窓口を設置して、

毎年同じことを何回も

説明する職員を置かなくとも済むはずだ。

 

そもそも私だって、

確定申告という言葉しか聞いたことがない。

 

それなのに、国は、申告しろ。

申告しないと君には罰を与えるぞ、

フハハハハ!!👿👿

と、言わんばかりに、

何かしらを紙で通知してくる。

 

なんだかあまりに酷な話だ。笑

 

まぁ、なんだ。

つまり、税理士の人を

誰か紹介してくれ!!(ここ大切w)

 

それでは本日はこの辺で✋

いつもお読みいただき有り難うございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中