未分類

蜘蛛と小山

1日に何回、見るだろうね?っていうくらい、

私は蜘蛛との遭遇率が高い。

今の家にいてもそうだし、自分の治療院でもそう。

 

その都度、

「外の方が食べ物がたくさんあるよ。」と伝えて、

彼らを外へ逃がしてやるのだが、

どこからともなく、またやってくる。

 

振り返ってみると、

学生時代から、彼らとのエピソードは絶えない。

 

授業が終わって自転車で帰るときに、

私の自転車かごには、

いつもクモの巣が張られていた。

 

あるときはハンドル、あるときはサドル、

自転車を漕ぎながら、

蜘蛛の巣に引っ掛かることは日常茶飯事で、

ビックリして逃げ出した小さな蜘蛛が、

当時の私のファンキーなツイストパーマの中に隠れて、

出てこなかったこともある。

 

(いや、マジな話w)

 

髪の毛をグシャグシャっとしても出てこないし、

頭を振っても出てこないし、

ひょっこりはんの傾向なんてまるでない。

 

そこで私は諦めて共存を決意したわけだが。

ま、すぐに脱出したよねw

 

思い返せば、私の人生、

いつも蜘蛛の糸に繋がれたような感じだ。

 

学生時代、

成績は後ろから数えた方が早かったし、

18歳を過ぎてから、

盗んだバイクで走り出しそうだったし、

 

※盗んでない←ココ重要

 

20歳の時は誰かを

殺したい気持ちが分かったし、

 

※殺してない←ココ重要

 

勝手に世界を敵に回していて、

精神もカラダも、ギリギリだった。

 

もし、蜘蛛の糸が切れていたら、

今とは全く違う人生だったのかもしれないな

、、、なんて思う。

 

今はお金と時間に余裕があって、

ウェーイ😎✨ってしてるのかって、

そんなことは全然無く!笑

ごく細々と、

小さい声でウェーイってやってるw

いたってギリギリの生活!笑

 

今は昔の「ギリギリ」とは

全然違うものなんだけど、

なんか、蜘蛛を見ていると、

お前、もう少し頑張れよ(*゚▽゚)ノ

と、言われている気がして。

だから、なんだろな。

蜘蛛って愛着ある。

 

今回は若干つぶやきっぽくなったけど、

きっと皆さんにも遠くから暖かい目で、

いつも見守ってくれている存在がいると思うんだ。

 

お盆だしね、

そんな存在に感謝する日にしたいね(^-^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中