未分類

虫刺されにはアレを塗る

私の家には、薬という薬がない。

たまに市販の風邪薬を置くくらい。

 

薬という分類に入るのかは分からないけど、

虫刺されに塗る、キンカ○とかム○とかも置いてない。

 

だから、今回みたく、稀に、

蚊以外のよくわからない者に刺され、

丁度、靴下の跡がつくように、

ぐるっと足首を1周

とんでもないミミズ腫れになったときは、

さすがに、これは「薬」が必要なのではないか?

と、考えざるを得ない。

 

日に日にその痒みと、

いわゆる炎症症状は悪化し、

捻挫でもしたか、

くらいになってきたからね。

 

が、しかし

そこで、楽しいことを閃いてしまった。

 

「薬」を買いに行く、のではなく、

家にあるもので代用できないのか、と。

 

こんなときにこそ、

無い頭を有る頭にせねば!と。

 

幸いなことに、私は作業療法士だ!

(あまり関係ないけど)

そして、下手に医療の知識が有るではないか。

 

冷蔵庫をまず確認。

 

うん、、、

脱臭炭と、煮タマゴと、ワイン、、、

つ、使えねえ。。。

 

冷凍庫を確認。

 

うん、、、

食パンと油揚げ、、、

無理やろ。笑

 

調味料ラックの棚を開いてみる、、、

 

お、、

おっっ、、、!

あるやん!ハチミツがー!🍯

 

というわけで。

患部にハチミツを塗りたくり、

小さめの保冷剤を足首にかませて、

タオルでしっかり縛って、就寝。

 

そしたら次の日!

捻挫くらいに腫れていたのが

スッカリ綺麗にひいて、

痒みも全くなくなっているじゃないの。

Thank You ハチミツ!

 

さてさて、

ハチミツにどんな効能があるの?

というのが皆さんの疑問なはず。

 

ハチミツが持つ成分はいろいろ有り、

特に美容系では

色々と活用されているとは思います。

お肌や髪などにもよく使われてますよね。

その成分の化学反応の中で、

グルコースオキシターゼという、

過酸化水素たるものが作られます。

 

このオキシターゼ、

昭和生まれの人には馴染みの有る、

オキシドールってやつ、覚えてますか?

保健室のオバチャンが

傷口に塗ってくれるやつ。

シュワシュワと音をたてて、

超絶しみるやつ。アレよ、アレ。

 

その成分をハチミツは含んでいるのです。

なので、抗菌作用があるわけですね。

 

嘘か本当か分からないですが、

噂によるとその昔、ヒポクラテスが、

糖尿病の壊死に、防腐剤として

ハチミツを使用したとの説があります。

 

ハチミツは高濃度でできており、

かつ、酸性なので、

菌が繁殖しづらいのです。

ハチミツの賞味期限が長いのは

その為なんですよねー。

昔の人は本当に賢い。

 

それに加えて、保冷剤で冷やしてます。

炎症はまず冷やすのが基本のき、

ですからね。(^-^)

みなさんも家に痒み止めが無いときは、

是非是非お試しアレ。

 

それでは長くなりましたが、

本日も最後までお読みいただき

有り難うございます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中