治療院からのお知らせ

来年のグルナース勉強会について

まだ少し時期が早いかとは思いますが、

今年一年、自分で勉強会の企画を振り返ってみて、

自分が目指したものと内容、

そして、それらに対するニーズを

客観視する時間を作ってみました。

 

そもそも若手のOTが、

未来へ向けて路頭に迷わないように、

あらゆる角度から教育すべく

立ち上げたのがグルナース勉強会です。

 

そのため、

リハビリ職からリハビリ職だけの

二者間で成り立つ勉強会ではなく、

どんなジャンルの人でも

同じ空気で対話ができるような会を作り、

そこから自分が置かれてる

医療の世界、リハビリの世界、

作業療法士たるもの、

自分の未来の幸せ、を

見つけることが出来れば良いな、と思いました。

 

しかし、ある意味残念なことに、

私の勉強会には本当に

いろんな職業の方が来てくださる中、

肝心の作業療法士たちは少なかったのです。

 

これは恐らく、

若手のセラピストたちには、

私が立ち上げるようなテーマが響かないんだな、

というのが、率直な感想です。

 

実際に勉強会を企画する上で、

三年目の作業療法士の子達の

意見を参考にしているのですが、

1年目~5年目あたりの

療法士たちが求めているものは、

「◯◯に効く◯◯アプローチ!」というような、

どこにでも転がっているキャッチコピーの勉強会です。

特に理学療法士には

それが強い傾向にあるようです。

 

今すぐ、明日からでも結果を出したい!

って気持ちは誰にでもあります。

私にもありますww

しかし、いつも思うのは、

結局近道はない。それだけです。

 

そうですね、

これが即効く!っていうのは、

私の中でゴキジェットくらいでしょうか。

あれ、ほんと秒殺っす。笑

 

少し話がそれましたが、

世間のニーズにチャンネルを合わせていくのか、

少し先の未来の布石を残す内容を続けるべきか、

目的によってどちらに合わせても良いのでしょう。

 

それは、今はまだ、

正直少し悩んでいます。

 

ただ、

来年一年は勉強会を続けると決めました。

来年は年4回、

春夏秋冬の季節に沿って計画をします。

そのなかで、課外授業みたいな

内容も取り上げていきたいと思っています。

 

何か、楽しいことを始めませんか?

無理かもしれないけど、

こんな企画、やったら面白そうってやつ。

私にもたくさんあるんですよ。

人が集まれば、できそうな気がするんです。

だから、一緒にやりましょうよ。

グルナースの勉強会は、

来年も、そんな楽しい場であり続けたい。

 

だから、これからもグルナース勉強会を

宜しくお願い致します。

 

そして、毎回足を運んでくださる皆様、

いつもありがとうございます。

 

それでは今日はこの辺で。

 

いつもお読み頂き有り難うございます

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中