身体面のこと

五十肩の噂

これは、うちに通ってきている

クライアントさんのリアルなお話。

 

彼女は毎週一回

リハビリのためにGLNARSに来ているが、

他にも某フィットネスクラブにて、

色んなコースの中から、

興味のあるヨガのクラスを受講している。

 

ある日、

同じコースを受けに来た自分よりも年配の女性が、

肩が痛くて病院へ行った話をしていて、

そこでお医者さんに

「五十肩ですね」と言われたらしいのだが、

実年齢よりも若い肩だと

言われているものだと勘違いして、

それを周りの人に笑顔で話をしていたそうだ。

 

私のクライアントさんは、

「いやいや、そういう問題ぢゃ、なくね?笑」

と、思ったらしいが、

うん、さすが、素人、

そういう捉え方もあるのかと私も感心するお話だ。

 

ここまでは素人目線で考えたとして、

まだ理解できるのだけど、

本題はここから。

 

そのヨガの先生とのやり取りを

私のクライアント目線で再現してみます。

 

その年配の方は、

更にヨガの先生にも

同じ話をしにいったのだけれど、、、

 

ヨガの先生:

「◯◯さん、それはね

年齢のことを言っているんじゃないのよw」

 

「五十肩とか四十肩っていうのは、

手の上がる角度で決まっているのよ🎵」

 

年配の方:

「えーっ!そうだったんですね」

 

私のクライアントの心の中:

「( ゚д゚)ふあっ?!!!」

「えっ、、、そうなの?角度なの?」

「ち、ちがくね…?」

 

その真相はどうなのかも確かめる半分、

こんな面白い話があったよ。を半分で、

彼女は私に話してくれたのですが、

どうしてそのヨガの先生が、

角度だなんて言ったのかが逆に気になって

私が調べたところ、

確かにネットの噂や◯ahoo!知恵袋などにも、

同類の質問が沢山寄せられていた。

 

ネットサーフィンしかしないような人には

そういう説があるような話になっていて

なんだか誤解を招きやすいが

それでも都市伝説的なレベルであり、

回答している人は一同に否定をしている。

 

ここで1つ、

皆さんによく考えてもらいたいのは、

例えば「風邪」というものに、

どのようなイメージをお持ちだろうか?

 

咳がでる、

鼻水がでる。

喉がいたい。

風邪の症状はこれだけでしょうか?

 

熱がでる人もいれば、

お腹がいたくなる人もいれば、

頭がいたくなる人もいるし、

鼻水がでるよりは詰まる人もいるし、

もっと他にも症状はあると思う。

 

風邪ってのはつまり、

すべての総称であって、

人によって一つ一つ症状は異なり、

原因も異なる。

 

分かりやすく言うならば、

四十肩、五十肩も「風邪」と似ていて

単なる総称、もしくは俗語に近い。

 

五十肩などの呼び名は

遡ると江戸時代の書物に登場し、

それくらいの年齢になってくると出てくる

肩の痛みや腕が上がらないことを指しているとか。

 

正式には、診断名や病名は

「肩関節周囲炎」と言いますので、

もし知らない人がいましたら

覚えておいてくださいねっ。笑

 

しかしヨガの先生と言えど、

こういう人には

個人的に教わりたくないです笑

 

私たちのような医療関係者だって、

自分の誤った認識や助言で

色んな人に誤解を与えてしまう。

改めて私自身も

気を付けていこうと思った出来事でした。

 

自戒をこめて♥️

ではでは。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中