未分類

Re:make

まず、blogに添付されているこの写真はなんだ?

と、皆様、お思いでしょう。

 

これはつい先日、

私が部屋着としていたボロボロのTシャツを

適当に縫い目に合わせて裁断し、

とりあえず袖の部分も切り落としたものを、

手縫いで縫い合わせたものです。

 

見ての通り、縫い方が下手だというのは事実。

そして、雑巾にでもしたの?

と言われても仕方のない素晴らしいクオリティww

 

いやいや。

これ、タオル(台所とかの手拭い)

仕様にしてるんです。

ワタシにとっては、

立派なリメイクなんですよww

 

えー?捨てなよー。

と、思う方もいるでしょう。

 

そうですね。

捨てても良いくらいなのかもしれないけど。

ワタシはTシャツとして使えないこの布を

何とか使える形にしてあげたかったんです。

他人様から見たときに、

理解されないかもしれませんが、、、w

 

その理解されない言動や、

存在の在り方は、

オリジナリティが強くて孤立しがちだけど、

それはそれでプライドをもって

存在意義を示していることがあって、

ワタシはそれを

偉そうに「個性」だと思っています。

 

その個性は今回のように、

ワタシにとっては「リメイク」のものや、

リハビリテーションこそ

人にとって最大のリメイクであり

個性の尊重ではないか?

と、感じています。

 

少し話がそれますが、

私のような作業療法士、

または理学療法士、言語聴覚士であれば、

誰でも学生時代に

リハビリテーションという

WHO(世界保健機関)の

言葉の定義を教わっています。

 

知らない方もいるので今一度

軽く定義を抜粋しますと

 

リハビリテーションの語源はラテン語で、

re(再び)+ habilis(適した)

つまり「再び適した状態になること」

「本来あるべき状態への回復」

などの意味を持ち

猿人と原人の中間に意味する

ホモ・ハビリス

(homo habilis「器用なヒト」)が、

道具を使い、人間にふさわしい

という意味でも用いられ、

適応、有能、役立つ、

生きるなどの意味も含有する、、、

(※ネットより引用)

 

そう。

そんな風にリ・ハビリテーション

という言葉が作られたわけですね。

 

話を戻しますと、

リハビリテーションをする上で

個人個人の目指したい在りかたや

存在意義は違っていて、

それぞれが、

それぞれの姿、形になるような、

人権の尊重、回復のお手伝いを

リハビリテーション従事者は

目指している(目指すべきw)のです

 

人間様をお手伝いするのなら

きっとそれはリ・ハビリテーションで

道具様をお手伝いするのなら

リ・メイクなのではないかな。

今回の私のタオルだって

ワンオク並みの立派なre:makeだって

その事をとっーても言いたかっただけ。

 (ひどいオチw)

 

今日は若干分かりにくいかもしれないけど、

そこは全く気にしなーい。

ではでは。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください