食事面のこと

偽物だらけのエキストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルが美容やダイエットに有効なことが

最近はだいぶ有名になりましたね(^∇^)

そのなかでも、高品質なのが

【エキストラバージンオリーブオイル】ですよね

 

そんなエキストラバージンオリーブオイル、

実は国際基準から外れたものばかり

日本の売り場に並んでいるのをご存知でしたか?

 

はい、つまり偽物だらけなんです、悲しいですね。

偽物ばかりとはどうこうことなのか?

ちょっと見ていきましょう!

 

そもそもオリーブオイルには、

国際オリーブ協議会(IOC)が定める

基準値というものがあります。

世界各国がこちらに加盟しているにも関わらず、

日本には、JAS(日本農林企画)というものがあり、

明らかに異なる点は、酸度についてです。

国際オリーブ協議会のホームページはこちら

基準値の分類を簡単にまとめたサイトはこちらから

そして、こちらがJAS企画の抜粋

IOCでは

酸度0.8%以下のオイルのみ、

エキストラバージンオリーブオイルと名乗って良いのですが、

JASでは2%以下からOK

。。。なんですね(^o^;)

そのため日本では

エキストラバージンオリーブオイルと、

ピュアオリーブオイルと表記され、

スーパーなどに陳列されているわけです。

 

日本で言うところのピュアオリーブオイルとは、

学生に例えると、

東大受験レベルの学生(エキストラ)から外れた

私立大受験レベルの学生

(バージンオリーブオイル)を

親のコネや金を使って東大へ裏口入学

(化学薬品で精製したり、ブレンドさせた)

ものになります。

↑逆に、わかりにくい?笑🤣

 

ではどうやって本物の

エキストラバージンオリーブオイルを

見つければいいのか?

 

ズバリ!

商品に「酸度」が書かれているものは

大抵OKです!!!

皆さん、酸度の表記を見つけて下さい。

どれが酸度?と思うかたは

英語の「ACID」に似ている表記を探してください

 

ちなみに本物とうたってる

エキストラバージンオリーブオイルは、

堂々と酸度を表す数字を載せていることが多く、

それでも分からなければ

ネットで検索して数値が出ていれば

本物です。

 

ついでですが、

私がローカルスーパー、

そこそこ有名スーパー、

成城石井、

紀伊國屋、

を、まわってみたところ。

酸度の表記をされてるのは、

エキストラバージンオリーブオイル

と名乗っている商品のうち

1~2割程度しか陳列していませんでした。

しかもローカルスーパーにはありませんでした。

そして本物の品数は、紀伊國屋が一番多かったです。

 

ではその他のチェック点も織り混ぜながら、

最後に本物のエキストラバージンオリーブオイルを

選ぶポイントをまとめます!(^o^)

 

  1. ビン製で暗いボトル(光による酸化防止)
  2. オーガニック認証マークの有無(国によってちょっと違う)
  3. 価格(2000円以上から探すと良い)
  4. 原産国、品種、収穫時期の表記
  5. コールドプレス製法もしくはパーコレーション方で作られている
  6. 国際エキストラバージンオリーブオイル品評会のマークがある
  7. 酸度が0.8%以下

 

これ全部クリアしていると4000円~だと思いますが

確実に本物の【エキストラバージンオリーブオイル】

と、言っても過言ではないでしょう。

 

それでは本日はここまで\(^-^)/

最後までお読み頂きありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください