身体面のこと

横隔膜は触れない?!

ハワイ大学解剖実習記、第六弾となります。今回は「横隔膜」についてです。

ちまたにある横隔膜トレーニングや横隔膜ストレッチがどのような意味合いで使われているのか分かりませんが、

直接的に横隔膜へアプローチが「できる」としているなら、

ちょっと違うのかも、と思いました。

 

何故かというと、YouTubeでも紹介していますが、やはり位置関係的に、無理があると思うんです。

横隔膜のYouTubeはコチラから

これは私の尊敬する武術の達人、佐藤先生もおっしゃっていたのですが、

物理的な知識は重要だが、「知っている」ことと、「使える」ことは違うと。

まずは自分の身体感覚がわかり、それをベースに他者にアプローチすること。

知識はイメージとして使うこと。

なるほどなあ。

 

だから横隔膜もそう。

直接的な介入はできないけど、呼吸という主観と、物理的な知識を融合させることによって、よりよいアプローチができるのかもしれない。

横隔膜が触れる・触れないが問題なのではなく、横隔膜が触れない位置にあるという物理的な現実と、自分の主観的な横隔膜の動き、その感覚とイメージを使うことが、治療家としては必要なことなんでしょうね。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ハワイ大学編もあともう少し。最後までお付き合いくださいね🎵

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください